イベントにも活躍するオリジナルエコバッグ

エコバッグ26

様々なものを入れることができて、収納にも持ち運びにも役立つエコバッグは、既製品も様々なデザインがありますが、オリジナルで作成することも可能です。オリジナルのエコバッグは、プレゼントとして活用する人もいますが、イベント用のグッズとして活用されることが多くあります。

オリジナルエコバッグをイベント用に作る際のポイントについて紹介します。

合わせて読む:エコバッグにオリジナルのデザインを入れましょう

エコバッグとは

レジ袋が有料となってきた近年では、不要な出費を抑えるためにエコバッグを活用する人が増えてきています。エコバッグとは、環境活動を進めるうちに誕生したバッグのことを言います。スーパーやコンビニなどといった場所で買い物をした際にもらうことができるレジ袋は、生活の中で根付いていますが、大量生産・大量消費されるレジ袋は環境に対して良い影響を与えることはありません。

作製する過程においても、また廃棄する過程においても環境に有害な物質を発生させるでしょう。また、海に流れて行ってしまうことで、海洋生物を死に至らしめることもあります。このような中でエコバッグを活用しようという働きが活発化していきました。

エコバッグは、使い捨ての買い物袋という概念を崩していく存在です。費用も安く手軽に購入できて、店舗によってはポイントをもらうこともできます。形も様々で、折りたたんでコンパクトにして持ち運ぶこともできる便利さもあるほか、バッグによっては保冷機能や防水機能を備え付けているので、多種多様なものを入れて持ち運ぶことができます。

そのようなエコバッグは、自分で購入するだけではなく、プレゼントとして活躍することもあります。誕生日やウェディングのプレゼントとして用いられるほか、イベントの販促品や同人イベントのグッズとして活用されることも多いです。

これらのエコバッグは、既製品ではなくオリジナルのデザインのものが選ばれます。オリジナルエコバッグは、大きさや形をはじめ、機能もデザインも自分で選ぶことができるため、多くの人々に人気があります。

イベントでオリジナルエコバッグを作成するメリット①価格が安い

企業の商品紹介イベントの販促品や、同人イベントのグッズとしてオリジナルエコバッグが活用されることは多いです。オリジナルエコバッグをイベント用に活用することには様々なメリットがあり、そのひとつがオリジナルエコバッグは価格が安いということです。

オリジナルエコバッグと一口に言っても、素材や大きさ、サイズも様々です。そのため、価格も安いものから高価なものまで幅がありますが、安いものならば、1枚数十円程度で作成することが可能なことも多いです。オリジナルグッズ作成業者の多くは、大量注文で割安になることが多く、イベントでは数十枚から数百枚のオリジナルエコバッグを用意することになるので、非常にお得に作成することができるでしょう。

イベントでオリジナルエコバッグを作成するメリット②受け取ってもらいやすい

イベントでオリジナルエコバッグを作成するメリットのひとつとして、イベントに来た来場者に受け取ってもらいやすいという点があげられます。エコバッグは、買い物に役立つほか、様々なものを入れることができるので日常の中の様々な場面で活用することができるものです。

実用性が高いため、受け取って損をしたと感じる人は少ないといえるでしょう。どの企業の販促品かはわからないけれど、とりあえず受け取るという来場者も多く、受け取り拒否されるということはあまりありません。また、イベントでは様々なものが配られます。

ほかの企業の販促品が配られることもあれば、パンフレットが渡されることも多いです。そのようなものを入れることができるエコバッグは、受け取ってすぐに活用できることからも、受け取ってくれる来場者は多くいます。

大量に作成しても受け取ってもらえて、余ることが少ないという点が、オリジナルエコバッグをイベントで作成するメリットです。

イベントでオリジナルエコバッグを作成するメリット③宣伝できる

オリジナルエコバッグには宣伝効果があるという点も、オリジナルエコバッグをイベントで作成するメリットといえます。エコバッグは、買い物袋なので、ある程度の大きさを持っています。そのため、エコバッグの表面積は広いです。

その表面積に企業のイベントならば企業のロゴや企業名を、同人イベントならば好きなキャラクターなどを印刷すると、会場内で非常に目立ちます。大きな企業名やロゴが遠くからも見ることができて、それが興味を引くデザインならば人の記憶にも強く残るでしょう。

受け取った来場者がエコバッグを活用して会場を歩いてくれれば、企業はエコバッグを配布するだけで効率的に宣伝をすることができます。効率的で効果的な宣伝をすることができるという点が、オリジナルエコバッグを作成するメリットです。

イベント用エコバッグを作成するポイント①素材を用途に合わせて考える

オリジナルエコバッグをイベントのために作成するためにはいくつかポイントがあります。そのひとつが、素材を用途に合わせて考えるというものです。エコバッグと一口に言っても、様々な素材のものがあります。安いものならば不織布やコットン、頑丈なものが良いならばキャンバス生地などの生地、このほか防水性能を備えたものもあります。

このように生地には様々な特徴があり、用途に合わせて生地を選ばなければ、役に立つエコバッグとは言えなくなってしまいます。また、生地によって印刷方法が限られてくる可能性もあります。デザインにこだわり、美しい印刷をしたいのならば、生地の価格も高くなっていくでしょう。

イベント用エコバッグを作成するポイント②イベントに合わせて大きさを考える

イベント用のエコバッグは、イベントの種類に合わせて作成することもポイントです。イベントには様々な種類があります。女性を対象にしたイベントの場合、小さなエコバッグが好まれることが多く、大きな荷物が配られる可能性の高いイベントならば大きなエコバッグを用意するとよいでしょう。

企業のパンフレットが大量に配られるイベントの場合は、配布資料が重くなるので、バッグはなるべく軽くなるように工夫するとよいとされています。このように、イベントに合わせて大きさや形も工夫して作ることがポイントです。

イベント用エコバッグを作成するポイント③大量に安く作れるサービスを見つける

イベントでエコバッグを作成する際には、大量に安く作れる業者を見つけることが重要です。イベント用のオリジナルエコバッグは、場合によって数百枚以上作成しなければなりません。イベントにはある程度の費用を掛けるものですが、大量の費用を掛けていては損失になってしまいます。

できるだけ安く作成することができる、コストパフォーマンスの優れたオリジナルグッズ作成業者を探すとよいでしょう。大量注文で大幅割引や会場発送などのサービスがある業者を見つけると便利に作成することができます。

合わせて読む:オリジナル折りたたみエコバッグを制作するときに知っておきたいこと

オリジナルエコバッグを作ってイベントを成功させよう

オリジナルエコバッグは、自分でデザインを考えることができるエコバッグで、イベントなどでもよく活用されるグッズです。比較的受け取ってもらいやすく、企業の宣伝に活用することができるので、メリットが大きいといえるでしょう。

作製する際には、イベントの目的や種類を考えて生地や大きさを決め、コスパの優れた業者を探すことがポイントです。オリジナルエコバッグを作成してイベントを成功させてください。

合わせて読む:ポリ袋の有料化に伴うエコバッグの需要増加とオリジナル製品の作成について